• 1910月
    Categories: 資金繰り改善 喘息 はコメントを受け付けていません。

     昨夜、3歳の息子がずっと咳をしていました。咳をしているかしゃべっているかのどちらかで、しゃべっていても息苦しくなり咳き込んでいました。
    2週間前、発熱と咳で病院に行ったところ風邪の症状と喘息と診断されました。喘息と言われたのは初めてです。
    なので、今回も喘息かもしれないと思い注意していましたが、本人はとても元気で走り回っていました。
    救急病院にに連れていくかも悩みましたが、咳で寝れないことはなかったので朝まで様子をみました。
    朝、起きてからは咳は出るけど昨夜ほどではありません。しかし、木曜日の午後はかかりつけの小児科が休診なので朝一番で病院に行きました。
    先生は何度もお腹や胸に聴診器をあて音を聞いていましたが、今回は鼻水もたくさん出ていて胸の音もおかしくないので風邪という診断でした。
    喘息だと苦しくて寝ることもできないそうです。寝ることもできたし元気なので喘息ではないようです。
    一応、喘息が出てしまった時のために薬を出してもらいました。
    まだ、喘息初心者なので咳を聞いただけでは喘息なのか風邪なのかわからないです。先生いわく、喘息だと咳き込み方が風邪とは全然違うそうです。
    喘息がひどくなってしまうと、薬が手放せなくなるようだしひどくなると入院することもあるので、ひどくなる前に対処していってあげたいと思いました。
    部屋の掃除や洗濯を頑張って清潔を保っていきます。
    今回は、喘息じゃなくてよかったです。
    自己破産防止するように資金を考えて
    http://www.stop-jikohasan.com/
    資金繰りセミナーならこちらがおすすめだった。

  • 1910月
    Categories: ポンプ交換 子供を産んでから変わったこと。 はコメントを受け付けていません。

    子供を産んでから変わったことなんて山のようにあるし
    なんなら生活すべてが180度変わったのだが、特に変わったことがある。

    それはニュースを見て泣くことがあること。
    子供が殺されたり、事故に遭ったり。
    不幸なニュースを目の当たりにすると とんでもなく悲しくなる。
    子供が生まれ「親」としての気持ちが芽生えたからなのだろう。

    きっと私以外にもこのような方は多いはず。
    いや、むしろこのように思ってくれる方が多ければ多いほど
    それが「普通」であってほしい。

    「普通」が失われているからこそ我が子を殺したりするのだろう。

    子育てをしていると少なからず子供にイライラすることはある。
    私の子供は割と泣かない方だし手のかからない子供だと思うが
    イライラしたことがないかと問われると「ある」と言う。

    でも、イライラしたことに対して必ず反省する。

    それを繰り返すのが子育て何だと思う。

    色んな感情を感じるが、それは「親」になれたからこそで
    「子供」に感謝しなきゃいけないと思う。
    ポンプ交換横浜ならここに相談するとうまくいくと思う。
    http://xn--udkl0e7688apyua.com/
    給水加圧ポンプのような大型ポンプの対応を中心にしております

  • 086月
    Categories: 建売 「ほしい」の話 はコメントを受け付けていません。

    二歳の息子が「ほしい」を覚えた。これまでは指をさしてンーンー言うだけだったのに、トミカの図鑑絵本をめくりながら、「ほ、しぃ」とつぶやいている。
    この「ほしい」が、とてもかわいい。すごくかわいい。
    「買って」とか「ちょうだい」じゃないのだ。「ほしい」。わかる。私もあの雑貨とか、本とか、お洒落なスイーツとか、ほしい。
    そして、「ダメ」って言いづらい。だって、「ほしい」事は悪くないから。
    「買って」と言われたら、買えない時は「ダメ」で済むけど、「ほしい」と言うつぶやきには「そっかーほしいかー」としか言えない。
    でも、その「ほしい」をコントロール出来ないと将来苦労する。
    使いきる前に新しいメモ帳を買ったり、読めないまま小説を机に積み上げたり、アマゾンの箱を開けたらゲームソフトが5本も入っていたり、スタイルに無理のある服ばかりで普通に着られる服がなかったりするようになる。
    ぜんぶ私のことだ。

    今日も、スーパーの休憩スペースで、あんぴんたん(アンパンマンのこと)のじゅっちゅ(ジュースのこと)のを指して、「ほしい」と言う息子。
    「喉乾いたの?ママ麦茶もってるから、そっちにしよう。アンパンマンのじゅっちゅは今度ね」
    うなずく息子。なんていい子なんだろう。
    ベンチに座って麦茶を飲んでいると、近所に住む母と偶然会った。
    「子どもと一緒だと売り場まわるのも大変でしょ、ここで見てるから行っておいでよ」
    お言葉に甘えて、野菜や魚をよく厳選する。(いつもは出来ない。息子を追いかけながらつかんでカゴに入れるので精いっぱいだ)
    で、さっきじゅっちゅを我慢できたから、好きな煎餅を買ってあげる。

    「あ、おかえり!アンパンマンのじゅっちゅ買ってあげちゃった?」
    大人のほうが、我慢がきかない。
    建売 横浜 一戸建ての悩みを解決!

  • 086月
    Categories: ホテル 幸せのかたち はコメントを受け付けていません。

    時々自分をさげすむたくなるときがある。と言うのも、やはりこんなはずじゃなかったから。思えば人生いつも負け組だった気がする。いや、負け組て感じたのは最近だけどね。だけど、本当に自分はダメダメな子だなと思ってたよ。だから、将来はサラリーマンには向いてないから、特別な仕事につきたいと思っていた。その1つが画家であり、その1つが、小説家だったり。いわゆる作家さんなんだけど、まあ無理だよね。そりゃあ雲をつかむようなはなしであるて、よく言う感じよりも難しい。あれなんかは実体あるからどうしようかなんて、対策とかできるけど。小説とか画家なんて、結局のところヒトの感性に委ねてるからマジでどうしようもない。どうしようもないけど、ヒトに好かれるような作品と売れる作品を作らなきゃならない。けど、ヒトが好きな作品なんて世に出回ってるから、じゃあ新たにってなって、もう頭パンクよね。幸せのかたちもそうなんだと思うよ。確かに、ヒトそれぞれだし。だけど、これでいいのかとおもったら絶対満足しない。だってそこは、欲望のかたまり、人間だもの。
    越谷 ホテル

  • 284月
    Categories: 未分類 おやつは日常必須アイテム はコメントを受け付けていません。

    コーヒーや緑茶を飲むなら午前と午後にお菓子のおやつも定番、ボリューム感という意味では小さくてもケーキとかおまんじゅうがあれば至福タイムです。
    ですがこの種類だと日持ちがしないので、いつでもというおやつと言うよりたまのご褒美お菓子、ケーキなら一個でもお値段が300円くらいの値段なので。

    連日のおやつと考えれば一か月分のおやつも経済観念を持つべきで、ちょっと贅沢スイーツは多くても一週間に一回程度と考えてチョイスしてます。
    食べることに関しては食事もいちばんのこだわりですから、小腹が空いたなどといって一回分で300円は高いおやつ代です。
    日ごろから節約と考えつつも買い物に出かければ和菓子の季節ものや、洋菓子がいろいろ、家のおのこり分が少ない時は食欲が向くというものかお菓子の個数が多くなります。

    経済性と言いつつ少ないと物足りなく感じるもの、量を沢山食べないようにするならごはんをきちんと、おかずを満載にして充実することかな。
    高校編入なら横浜アカデミー町田校!

  • 293月
    Categories: 未分類 虐待と教育  はコメントを受け付けていません。

    娘が小学3年生の頃、学校から「虐待防止」のパンフレットと
    ステッカーをもらって来ました。
    そして、「ママ、私を叩いたらダメだからね!」と言いて、それを見せました。
    しばらく考えて、娘にこのように言いました。

    「ママは、貴方が悪いことをしたら、何回でも叩きます。
    それを、貴方が理解できなくて、警察に訴えるなら、
    ママは警察に拘束されると思います。
    貴方は児童相談所に保護されるでしょう。」

    それでも、悪いことは悪いと教えなければいけないので、
    更に、付け加えて説明をしました。
    「ママが叱るときには、すぐに叱らないよ、大きく深呼吸をして考えるよ、
    『今、ママが叩こうとするのは、自分のイライラをぶつける為なのか?
    それとも、貴方の事を考えて、本当に必要であるから叩くのか?」と、
    もし自分のイライラをぶつけようとしているなら、
    何も叱らずに我慢をします。
    もし、本当に叱らなければならないなら、叱ります。
    時には、きちんと説明をして叩きます。

     我が家では主人も私も、子供を叩くことがほとんどありません。
    叩かれる前に止めたり、注意してくれます。もし、叩いたとしても虐待ではなく、
    教育である事を信頼関係の中で理解してくれています。

     最近、社会では子供の虐待が問題となっています。
    本当に親が子供を虐待しています。まず、そうならないようにするには、
    地域が一体となり、周りがその家庭を監視して、子供を守るだけではなく、
    親に対する心のケアーにも、力を入れて行く必要があるかと思います。

     又、最近は子供にも問題があります。 「虐待防止」で子供が守られるようになりましたので、
    子供がわざと悪いことをしたり、自分が悪いのに、ちょっと親が叩いただけで、
    大騒ぎする子供もいます。
    そして親の側も、自分の子供が悪いのを分かっていても叱ったり、
    叩いたりが出来なくて我慢をします。

    これが青少年の犯罪にも繋がっているのでは?と思うほどです。
    我慢の出来ない子供、短気な子供が将来、社会を動かして行くなら本当に恐ろしいことです。
    その事を考えるなら、やはり子供教育の一環として、
    お互いの信頼関係の中で叱ったり、叩くことも必要であると思いました。
    往診 横浜

  • 0610月
    Categories: 未分類 まさかの長時間運休。 はコメントを受け付けていません。

    先日の台風の影響で、JR線が安全点検のため運休していました。どうやら早朝から運休のようでした。そのニュースを見て「ああ、またかあ。…でも、昼前ぐらいには復旧するだろう」なんて、のんきに思っておりました。ところが…! 昼になっても、昼過ぎになっても全然復旧することがありません。結局、夕方頃から本数を減らしての復旧でした。JR側にとっては安全運転第一なので、復旧に時間がかかってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。でも、利用者としては「ちょっと、復旧に時間がかかりすぎじゃないか!?」と、感じました。どうやら広範囲にわたっての安全点検が必要だったために、人員が足らなくて時間がかかったのが原因とか。まあ確かにその理由もわかるのですが…せめて、逆に何時頃までは走りません…とか、ハッキリ運休時間をアナウンスしてくれた方が利用者としては選択肢が広がるものです。いずれにしても、今後も起こりうるであろう、台風にともなうJR線の影響に関して参考になりました。
    賃貸管理会社